読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅のお供に

数日間このブログを更新していませんでしたがその間は遠出して遊びに行っていました、なので今回はそれに関連したお話をしようかと思います。どこに遊びに行くのにも手放せないガジェットの数々、それらと一緒に持っていった便利グッズの紹介です。

電源をまとめる

旅に行くなら荷物はなるべく減らしておきたいところ。最近の携帯電話やデジタルガジェットはどんどん小さく・薄くなっているのですが、充電用のアダプターなんかは意外と小型化がされていなく場所を取ります。そこでお勧めしたいのは電源をUSB(シリーズA)のオス端子に一本化してしまうこと。最近は携帯電話や携帯ゲーム機もすべてUSB端子から充電できるケーブルが販売されています。それらとこういったAC電源→USB5Vのコンバータを一つ持てば、すべての機器が充電可能で且つ荷物も減らせるというわけです。

FILCO モバイルクルーザーホワイト PLS5USBW

FILCO モバイルクルーザーホワイト PLS5USBW


幸い今回もっていったiPhoneiPod nanoHybrid W-ZERO3は2種類のケーブルで充電が可能です。単にこれだけの話だとあまり意味が無いような気もしますが、電源をUSB給電に一本化することのメリットはもう一つあります。それはUSB端子から5V出力の出来る予備バッテリーがあれば、AC電源の無い場所でこの手の商品は種類が多くありますが、自分は実際にはエネループのモバイルブースターKBC-E1ASを使っています。(このバッテリー自体もUSB入力で充電できるので先ほどの機器が共用できます。)モバイルブースターの中にはスティックブースターというコンパクトな商品もあり、一見こっちのほうが良さそうなのですが残念ながら充電機能が無いので今回のような用途には向かないですね。
 
SANYO NEW eneloop USB出力付き充電器セット(単3形2個セット) KBC-E1AS

SANYO NEW eneloop USB出力付き充電器セット(単3形2個セット) KBC-E1AS

ケース等

iPhoneには以前紹介した通りeggshellというケースがついています。このケース自体は薄いのが特徴で耐衝撃性能は期待できないので、慣れない場所に行く時は普段外していることも多いストラップを必ず付けて持って行きます。カバンに放り込んだりすることが多いiPod nanoに関しては全体をカバーするケースを付けています。今付けているのはヘアライン加工がされたアルミが表面に付いているもの。ただしnanoに関してはケースは消耗品と割りきって、画面が見づらくなったら交換することにしています。Hybrid W-ZERO3は通話に使用しているメインの"電話"なので、基本的にディスプレイにフィルムを貼ってあるだけの状態です。
 
また、イヤフォンはiPod nanoを日常使用する時と違いポケットに入れたりカバンに入れたりと収納位置が一定しないので、ケーブル長さを調節することが多くなります。そんな訳で頻繁に使うようになるケーブルワインダーについては、BelkinのMETAL EARBUDを使用しています。主にデザインの良さと、ストッパー部分が無いことによるケーブルへのダメージの少なさ、等の理由で選びました。

BELKIN iPod用イヤホンケーブルワインダー METAL EARBUD ~TuneTie Metal for iPod~ F8Z054

BELKIN iPod用イヤホンケーブルワインダー METAL EARBUD ~TuneTie Metal for iPod~ F8Z054

ノートPC

実は今回ノートPCも持っていったので、USBはそちらからも充電することが出来ていました。また、この方法を使えば電圧の違う海外でも煩わしいことがほぼなくなります。最近のPC用ACアダプタは大抵が100〜240V対応になっているので、コンセントの形さえあわせてしまえば、USB経由で何でも充電できてしまうからです。仕事なんかで海外に行く時は大抵PCを持っていくので、昔のように重たいコンセント用トランスを持つことも無くなりました。(壊れた時のために100〜240V対応の予備用USB出力アダプタを一つ持っていくことが多いですが。)他に海外で充電が必要な機器はデジタルカメラあたりでしょうが、こちらも最近の機種の充電アダプタはほぼ全電圧対応になっていますね。先ほどの項にも関連しますが、ノートPCのACアダプタも付属品ではなく小型のものを購入してあったのでそちらを持って行きました。

快適な旅を

というわけで、フットワーク軽くいろんな所にいってこれました。ノートPCを持って行ったにもかかわらず、ブログを更新することもせずにデジカメで撮った写真の整理に追われていました。オンラインアルバムには機能豊富なflickrを使っていますがヘルプや作業用リンクなどが上手くデザインされているとは言えず、使い始めは結構戸惑いました。解説書やwikiなどに目を通したりしていますが、こっちに関してはもう少し頭の整理をしておいた方が良いかなとも思っています。

やさしいFlickr写真管理術 (Webアプリ―ここが知りたい)

やさしいFlickr写真管理術 (Webアプリ―ここが知りたい)