Flavors.me: 複数のオンラインサービスを使ってる人向けの強力なプロフィールサービス

自分のプロフィールページ

最近は多彩なネットワークサービスが増えてきて複数のサービスを横断的に利用してる方も多いのではないでしょうか。かく言う自分もtwitterにはじまり、flickrYoutubefoursquare、tumblr等を使っています。そんな状況で欲しいのが自分を"紹介する"webページ。それぞれのサービスには特徴があって、「メインに活動してるのはここ!」となかなか言いづらいかと思います。例えばtwitterのプロフィールページにはURLが1種類しか入力できませんが、そこにい記載すべきURLを決めるのに悩む、なんてこともあるのではないでしょうか。そういう時のためのプロフィールサービスなわけで、日本だとmixiなんかに対応したiddyを使ってるのを良く見かけます。自分もそろそろiddyのアカウントでも取って"自分のホームページ"(古く聞こえますね)を作ろうかな等と考えていました。そんな状況で読んだこの紹介記事を見て、Flavors.meというサービスにとても感じるものがあったので早速試してみました。

作成は簡単

試用したところ実に簡単でかつ効果の高い(要するに格好良い)ページを作ることができました。その自分のプロフィールページを例にして使い方を説明したいと思います。

まずはアカウント作成

Flavors.meにアクセスするとこのようなページになっているかと思います。

ここでwatch demoを選択すると、一通りの作成方法とデザイン例等が収録されたデモ動画を見ることができます。

get startedを選択(デモ動画を見ていた場合はclose demoで戻ってから)すると、アカウント作成画面になります。メールアドレス、使用したいユーザーネームとパスワードを入力します。問題なければアカウントが作成され、自分のページのデザイン画面に移るはずです。

プロフィールページの作成・デザイン

ここからは自分で作ったページを例としていますので、デザインが異なっています。
無事にアカウントが作成できたら、自分のページに移りデザインパネルが開いた状態になります。まずはこのabout→profileタブで自分の名前、紹介文などを書きます。紹介文部分にはリンク・改行・段落・斜字・太字のhtmlタグが使うことができます。(例にしたページのMy BLOGという緑の文字はこのブログへのリンクになっています。)タグを知らなくても下側に入力補助のボタンがあるので、問題なく使うことができるはずです。contact formのタブは有料のオプションなので取り敢えず紹介しないでおきます。

自分の名前と紹介文が編集できたらservices-availableタブを選択し、このページに載せたいネットサービスを選択します。認証方法はそれぞれのサービスによってまちまちだと思うのですが、自分の作成したページに限って言えばtumblr以外の4つはOAuth認証、tumblrはユーザーネームを入力するだけで、難しいことは全くありませんでした。その経験から言えば、普段使ってる馴染みの深いネットサービスを選択するわけですから、ここでつまづくことはまず無いかと思います。addedのタブを選択することで、すでに選択されているサービスに関しての編集を行うことができます。鉛筆のアイコンで表示名と詳細設定、上下の矢印アイコンからドラッグすることで順番の入れ替え、×印で削除、がそれぞれ可能です。
 
最後にdesignタブでページのデザインを設定します。layoutsで紹介文と、コンテンツの表示領域を決めることができます。ここでは左側に紹介文、右側にコンテンツの表示されるbasic layoutを選びました。下にあるalignmentオプションで文字を左側に寄せてあります。次にbackgroundで背景の設定、好きな画像をアップロードして使用することができます。ここでは自分の撮った横浜の夜景を使ってみました、alignmentオプションで右上に寄せて表示しました。なお、左下にあるscalingオプションは上から、通常表示、並べて表示、拡大表示に対応します。
 
ここまでくれば、あとは色とフォントを決めるだけです。colorsタブで色をかえることができます。下の9つの色が、背景色(ページ背景、プロフィール背景、コンテンツ背景)とフォント色(用途によって6種)に対応しています。良い組み合わせができたらsave paletteを押してパレットに名前をつけておけば、他の色に変更したあとでも上にあるパレット一覧から選んでその組み合わせに簡単に戻すことができます。また、デフォルトでパレットがいくつか入っているのでそれをそのまま使用することも可能です。fontタブでは名前部分とその他に使うフォントの種類、大きさを変更することができます。nav bulletsオプションはサービス名の前につく項目記号の変更ができます。
 
それぞれの作業中には自動的に保存が行われ、セーブ操作を意識する必要はありません。気に入ったデザインになったらパレット右上のボタンを押せばすべて完了です。

どのように表示されるか

では作成したページを実際に使ってみましょう。また自分のプロフィールページを使います。この状態から…

flickrを選択してみます。そうするとlayoutで選択したコンテンツ位置に、自分がアップロードした写真が表示されました。もちろん、他のYoutubeの動画やtwitterのつぶやきなどもちゃんと表示されます、自分の環境では日本語も全て問題なく見ることができました。

使用感など

なんといっても他のサービスに比べて格好良いのが一番良いところだと思います。また、大抵の同種のサービスではリンクが張られるだけで実際のコンテンツは結局それぞれのページに行って確認という形が多かったのに対しFlavors.meでは同じページでその人のコンテンツを眺めることができるというのも大きいです。多種多様のサービスを使って作成したコンテンツを総合してみたときに、その人の(ネットワーク上の)人となりが見えてくるということを考えると、これからのプロフィールサービスは全てこの形を取るべきなのかもしれません。逆に要望としては、それぞれのサービスへのリンクが無いところが不親切で気になります。twitterでフォローしたい、tumblrの記事をreblogしたい、と思ってもFlavors.me上からはできないと言って、それぞれのページのリンクが有るわけでもないのは片手落ちに感じてしまいます。今のところは、プロフィール部分にそれぞれのリンクを記述しておこうと思っていますが、あまりスマートな解決法とは言えないですね。他には日本のサービスに対応してもらえると凄く嬉しいです。個人的にはmixiは無くても良いからニコニコ動画は使えると便利かなと思っています。
いろいろ書きましたが、総合的には満足しています。デザインに凄くこだわるのでなければ10分程度で作成できてしまうので、webサービスをたくさん使ってる方は試用してみる価値はあるのではないでしょうか。