読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PicPosterousを使ってみた


先日メール投稿に特化したブログサービスのPsoterousについて書きましたが、今日は関連のiPhoneアプリのPicPosterousについて。PicPosterousはオフィシャルから提供されている無料のiPhone用アプリです。前回書いた通りPosterous自体がメール投稿でストレスなく運用できますが、このアプリを使うと複数画像によるスライドショーの記事がさらに簡単に構築できるのでインストールしておいて損はないと思います。

画像/ビデオなどの投稿

このアプリは"アルバム"を作成すると、それがposterous側で一つの記事として扱われます。Take Photo or Videoでその場で撮った写真/ビデオを直接アルバムに追加することができ、Add from Libraryならばカメラロールなどからになります。

写真/ビデオを選択したら既存アルバムへの追加かCreate a new album...で新規アルバム作成を選択。タイトル("テスト"と入力された場所)を決めれば完了です。説明(記事本文)が必要ならばTap to add descriptionから入力することもできます。またここでautopostの設定とprivateモードへの切り替えができます。autopostがデフォルトでオンになっているので注意した方が良いかもしれません。単一画像やビデオでの投稿ならそのままautopostをしてしまっても良いのですが、後々画像を追加する予定ならばautopostはオフにしておいた方が無難です。(理由については後述)
既存のアルバムに画像を追加して複数になった場合は記事が自動的にスライドショーになります。さらに同じアルバムに追加してスライドショーの枚数を増やすことも可能です。

未アップロード数はメイン画面やホーム画面でバッジ表示されます。アップロードはアプリを起動している時だけ順次行われるようですので、早く記事にしたい時はそのまま待った方が良いです。
 

autopost: 他サービスとの連携

flickrなどの他サービスと連携して使用するにはposterous側でautopostの設定をしておく必要があります。(以前の記事に詳細を書きました。)メイン画面からアルバムリストの右にある青矢印をタップすると閲覧・autopost・メールで共有のメニューが表示されます。正しく設定されていれば、autopostを選択すると連携しているサービスが表示されます。それぞれのサービス名をタップすればautopostが機能します。アルバム作成時のautopostを推奨しなかったのは画像を追加したときには一切連携が行われないからです。さらに画像が一枚の状態でautopostされるので、後述するtumblr/flickrへの投稿用途で使うときの恩恵も受けられません。また、作成時と異なり連携先を選択的に一つずつ選ぶことができるのも利点です。
ちなみに、最初の画面でアルバムの名前が表示されているところをタップすると閲覧モードになります。また連携サービス一覧の青矢印はリンクになっておりそれぞれのページがwebブラウザで表示されます。ここは正直言ってわかりづらいので慣れが必要です。

iPhoneからtumblr/flickrへの投稿用としても便利

画像を一つのアルバムとして管理できる恩恵を最大限に受けるのは、autopost先としてtumblrやflickrを登録しておいたときです。自分の場合これらのサービスをiPhoneから利用するときは

  • tumblr: 投稿はオフィシャルアプリ(tumblr)から、閲覧/reblogはtumblr gearから
  • flickr: 投稿はeye-fiアプリ経由、閲覧はオフィシャルアプリ(flickr)から

のように使用しています。これだとtumblrは複数画像を一つの記事として投稿ができず、flickrはセットの編集などができませんが、PicPosterous経由にすることで解決できます。やり方はアルバムをautopostするだけ。tumblrは画像をセットとしてひとつの記事に、flickrはすべての画像がアップロードされて記事タイトルでsetも作成されます。(下の写真は"夜の自動販売機"という投稿をflickrにautopostした例。右側に同じ名前でsetが作成されています。)
PCを持っていない状況でtumblr/flickrをいじれる範囲が増えて、自分としてはとても使い方が広がりました。

雑感など

難点

  • autopostまわりの操作のクセ(項目名と青矢印をタップした時の挙動が違うなど)
  • 設定項目が貧弱すぎる(autopostやprivateのデフォルトon/offくらいできても良いのでは)

良い点

  • メール投稿より楽
  • メール共有は複数画像の一枚目+リンクとなり容量的負担が少ない
  • 他の方法では不可能なスライドショーへの追加ができる(おそらくメール投稿やweb上の編集では出来ない)
  • tumblr/flickrと組み合わせることで他アプリではできないことが可能

個人的に一番良かったのは一番下の点でしょうか。(下は共有したときに作成されるメールと設定画面。)



さらに詳細な使用法などは公式サイトのFAQなどを参照。
関連記事