Hearthstone(ハースストーン)日本語版記念~無課金プレイ記その3 ソロアドベンチャーとフェイスハンターからの発展形デッキ

前回の記事の続き

masarst.hatenablog.com

フェイスハンター完成形

環境や好みによってカードの変更はありうるものの、無課金時に一応の完成を見たフェイスハンターがこちらのデッキ。(リロイ・ジェンキンスがなければ魔力のゴーレムでも可)前回の記事の最後のデッキから加えられたカードは爆発の罠マッド・サイエンティスト呪われた蜘蛛連射の一矢魔力のゴーレムおよびリロイ・ジェンキンス。それぞれのカードの役割は以下の通り。

f:id:masa_rst:20151029030431j:plain

入れ替え候補カード

ランク戦などで特定のヒーローとよく当たるときは各種手札を入れ替えてデッキ調整することで勝率を上げられる。例えば以下のカード。

  • 各種罠―それぞれの特性を把握して使い分ける
  • 照明弾―シークレットパラディンなど罠を多数展開する相手に
  • 狩人の狙い―突破に苦労する挑発ミニオンが多く出てくる場合に効果的
  • 酸性沼ウーズ―基本カードながら武器を使うヒーロー相手には効果抜群

     

ソロ・アドベンチャー

上のフェイスハンターに追加で採用されているカードのうちいくつかは追加のソロ・アドベンチャーで手に入る。各区画は700Gで解放でき*1、一人用モードでボスと3~5回の対戦があり、それをクリアしたのちに用意されたヒーローとデッキで戦うクラスチャレンジが1~2つ解放される。すべての対戦後には決まった報酬のカードをデッキの最大数(レジェンドは1枚、その他のレアリティは2枚ずつ)分手に入る。

各区画でレジェンドミニオンが1枚は手に入るので700Gは高くはないが、アドベンチャーの報酬は魔素に分解できないことに注意する必要がある。無課金で遊ぶ場合はカードパック7つ分(闘技場4~5回の入場)の金策をする間、新カードが酒場の喧嘩以外では手に入らない。従って、ある程度日々のクエストがこなせる程度のデッキを組んでから、必要な報酬を確認して挑戦するのが良い。

ストーリーモードでもあるので区画は順番にクリアする必要があり、たとえばナクスラーマスのフロストワームの巣は他の4区画を解放/クリアしてからでないと訪れることができない。難易度は基本カードとそれまでの区画で手に入った報酬カードで十分クリア可能*2。下に各区画で手に入る報酬カードが現在どのようなデッキで採用されているかまとめたので、ゴールドによる解放あるいは課金の参考にしてほしい。一般的には最初はナクスラーマス全部+ブラックロック・マウンテンのブラックロックの地下の計6区画を優先するべきと言われている。

フェイスハンターを無課金で完成させた時は、ナクスラーマスの蜘蛛区画~人造区画とブラックロック・マウンテンのブラックロックの地下の計5区画をゴールドで解放したが約一月半掛かった。

ナクスラーマス

f:id:masa_rst:20151106015243p:plain

ブラックロック・マウンテン

f:id:masa_rst:20151106024550p:plain

 

フェイスハンターの拡張として組めるデッキ

ミッドレンジハンター

フェイスハンターを最初に目指すデッキにする事のメリットは他にもある。それはミッドレンジハンターと共通カードが多いこと。ミッドレンジハンターは本格的なミッドレンジデッキであり比較的苦手な相手が少ないとされていて、大会で見かけることも多い。本来ミッドレンジデッキは中マナ帯のミニオンのパワーカードはレアリティがレジェンドのものが多いため資産の少ないうちは組みにくい。ミッドレンジハンターに関してはハンター専用カードのサバンナ・ハイメインが強く、フェイスハンターに必要なアドベンチャーを一通り終わらせていればサバンナ・ハイメインを2枚作成するだけで一応の完成形を作ることができる。加えてドクター・ブームを持っていればさらにフィニッシュが安定するデッキにできる。

f:id:masa_rst:20151106213423j:plainf:id:masa_rst:20151106213437j:plain

ハイブリッドハンター

ミッドレンジハンターはその名の通り中マナ帯で勝負をつけるためボードコントロール(盤面維持)を重視したデッキ構成になっている。逆に言えばフェイスハンターより序盤の攻撃力が落ちている形だが、その部分を補いフェイスハンターとの中間のような構成にしたデッキがハイブリッドハンターと呼ばれる。相手によってフェイスかミッドレンジのような戦略で戦うことを選択でき万能に見えるが、当然攻撃力はフェイスより劣りボードコントロールはミッドレンジより劣る。

f:id:masa_rst:20151106215519j:plain

いずれのデッキも入れ替え候補カードはフェイスハンターと似たようなものを考えれば良いが、ボードを維持するために特定の状況に対応するケザンのミスティックのようないわゆるテックカードも考えに入れられる。

Hearthstone近況

先月はアジア/南北アメリカサーバーともに何とかランク5を確保したと思っていたが、勘違いで南北アメリカのほうはランク7で終わっていた。報酬のランクが下がってショック。今月も仕事が忙しくてまるでランクが上がっていないが、今週でひと山越えたので来週以降頑張りたい。(アジア/南北アメリカサーバーともフレンド募集中。バトルタグmasarst#1835にフレンド貰えれば即承認します。)

 

*1:課金でももちろん解放可能。ショップで5区画まとめ買いすると個々に課金するより安くすむ。

*2:高難度のヒロイックモードは別。