読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hearthstone(ハースストーン)日本語版記念~無課金プレイ記その4 メックメイジとAoE

前回の記事の続き

masarst.hatenablog.com

メックメイジ

基本戦術

相手よりも早くミニオンを展開しボードコントロールで圧倒する。スペルなどを適宜使いながらボードを保ち完全優位な状態から相手ヒーローを攻撃し勝利する。

長所と短所

長所

  • 主要カードがほぼゴブリンvsノーム(GvG)拡張パックに含まれていて、GvGのカード種類も少なめなため狙ってパック開封すれば安く作ることができる
  • 取るべき戦術が相手により左右されにくいのでわかりやすい
  • メックデッキは共通カードを多く含む他ヒーローデッキへ水平展開(メックローグ、メックパラディンなど)しやすいので資産が少ないうちのクエスト消化の助けになる

短所

 

デッキリスト

低価格メックメイジのデッキリスト

f:id:masa_rst:20151115173826j:plain

レア以上のカードはアジュア・ドレイクゴブリンのブラストメイジなので比較的安く作ることができる。定番カードのアジュア・ドレイク手動操縦のシュレッダーを持っている状態からはメカを1マナ安く呼べるようになるメカワーパーから作り始めて1~4マナのメカミニオンを揃え、メカのシナジーが見込める状態になったところでコグマスターティンカータウンの技術者ゴブリンのブラストメイジを加えて完成。

発展形デッキ

f:id:masa_rst:20151115180820j:plain

フィニッシャーとしてドクター・ブーム大魔術師アントニダスを加えたデッキ。大魔術師アントニダスからファイアーボールを生み出すのにはもともとデッキにあるスペルに加えてメカなどから手に入れたスペアパーツカードも使える。

下のリンク先のリストはプロプレイヤーのAmazがレジェンドまで行ったメックメイジ。

www.hearthhead.com

最近はメックメイジでもこんな形のが流行っている。(もともとグランドトーナメント直後のシークレットパラディン対策デッキ)序盤からスペルとメカの両方のシナジーをうまく使う必要があり、機会損失も多くなるので基本的な形のメックメイジをプレイして慣れてから使う方がよさそうだ。

AoE(Area of Effect)

ハースストーンは相手のヒーローにより気を付けるべき動きというのがいくつかあるが、メックメイジやZooなどマナコストが低めのミニオンをボードに並べるタイプのデッキが最も警戒すべきなのがAoEAoEとはボードの敵陣(もしくは敵味方含めたボード全体)に影響が及ぶスペルなどの事。ハースストーンではそのほとんどが範囲スペルなのでほぼ範囲スペルを指す言葉として使われることもある。代表的なものを下にリストアップする。必要マナを得られるターンでは要警戒。(相手が後攻でコインを使用してない場合は1ターン前)

実際の対応としては、普通は総攻撃力を高くするためにミニオンを多く残すようにボードを作っていくが、AoEを予測したら数が少なくなっても体力が高いミニオンを残すなどする。

メイジ―ブリザードフレイムストライク

ウォーロック地獄の炎影の炎悪魔の憤怒

ウォリアー―旋風剣

シャーマン―ライトニングストーム精霊崩壊

ローグ―千刃乱舞

ハンター―爆発の罠

ドルイドなぎ払い

パラディン聖別

プリースト―ホーリーノヴァ

Hearthstone近況

新アドベンチャーLeague of Explorers(探検同盟)の第一区画が解放されたので早速クリアして新カード入りのデッキを作ってプレイ中。ヒロイック全区画クリア報酬のカードバックも格好いいのでそちらもクリア。今回のはいろいろギミックがあって楽しめた。

(アジア/南北アメリカサーバーともフレンド募集中。バトルタグmasarst#1835にフレンド貰えれば即承認します。)